通販ばっかり

通販ばっかり

ソルガムについて

シスウェーブも注目しているソルガムとは、モロコシのことです。モロコシは熱帯・亜熱帯の作物でイネやコムギが育たない地域でも乾燥に強いので育ちます。
ソルガムの特徴はおよそ3メートルの高さの草だけれども栽培用の品種では1.5メートルの物が一般的です。
葉も長さが1メートル以上と大きく、幅も10センチ以上になります。茎は3センチ程度で芯が詰まっています。夏には穂がつきます。
25グラム程度の実がつき、紫や赤に近い色をしています。
生産量は2002年の時点で世界で5450万トン、アメリカ合衆国が一番多く17.2%、ナイジェリア14.1%、インド13%と続きます。
地域別にするとアフリカ州、アジア州、北アメリカの順です。



  • Filed under: 未分類
  • 結婚情報ウェブに一緒に登録した友人とは国内のいろいろな場所に旅行に行った。

    北海道に行った時のことだ。もうすぐ東京に帰らなければならない。時間がなかった。

    急いで電車に乗り、羊ヶ丘展望台がある駅に向かった。

    ようやく、羊ヶ丘展望台に着いた。初日にガイドブックを読み違えて、今回ではもう来れないんじゃないかと思っていた。夕方、念願のクラーク像と対面した。しかし、帰りの飛行機の時間が迫っていた。私達は急いでクラーク像前で、クラークと同じポーズで写真を撮った。

    これがやりたかったんだ!やったわ! しかし、写真をそのへんにいた同い年くらいの男の子達に頼んだので友達は「えっ、えー!そのポーズで撮るの?!しかもその人達に頼んじゃうの?!」とかなり困惑していた。ポーズを撮った時、男の子達も爆笑していた。どーせもう会わないんだし、いいじゃん。



  • Filed under: 未分類
  • 結婚情報ウェブに一緒に登録した友人とは国内のいろいろな場所に旅行に行った。

    北海道に行った時のことだ。もうすぐ東京に帰らなければならない。時間がなかった。

    急遽チャリタクの乗車を決めた私。恥ずかしいけど、クラーク像に会いたいためにこの恥ずかしさを我慢する。ってゆーかどーせ明日には北海道にいないしな笑。友達とこじゃれた椅子に座った。

    横で友達が「チャリタク笑!!!!」とずっと爆笑していた。もちろん私も大爆笑した。 道路をチャリタクが走ると歩行者や自転車の人達が私達を見て笑っていた。都会全体が笑っているようだった。

    変な一体感。 チャリタクに乗っている時間はやけに長く感じたが、どうにか駅に辿り着いた。お兄さんにお礼を言って離れた。



  • Filed under: 未分類
  • 結婚情報ウェブに一緒に登録した友人とは国内のいろいろな場所に旅行に行った。http://www.a-bay.jp/shop/shop08/

    北海道に行った時のことだ。

    羊ヶ丘展望台にはたどり着けないまま夕暮れを迎えた。 どこか1箇所だけでいいから行きたい。初日どこにも観光できないなんてと嘆いて、大倉山ジャンプ競技場に行った。 そんなに離れた場所ではなかったが、時間が時間なだけにロープが用意されていて、じきに閉館になる空気が漂っていた。

    それに負けずに私達は遊んだ。スキージャンプのバーチャル体験など。バーチャル上で私は何が何だかわからないうちにジャンプする前に飛び降りていたらしい。友達に笑われた。

    友達がその後に跳んだが、怖い怖い怖い、キャー!と言っていたので、ジャンプ前に飛び降りたことはナイスだったなと思った。 20分ほど遊んで、閉館…



  • Filed under: 未分類
  • ガイドも悪い

    結婚情報ウェブに一緒に登録した友人とは国内のいろいろな場所に旅行に行った。http://konkatuki.iinaa.net/0007.html

    北海道に行った時のことだ。

    自由行動だったが、ホテルに行くまでのバスでは寝落ち、友達はガチの自由行動といろいろあって、初日の観光はほとんどできなかった。もうすぐ夕方になる頃、開いていたガイドで「羊ヶ丘展望台」に行きたいねという話になって向かった。 羊ヶ丘展望台の羊はよく知らないが、「少年よ、大志を抱け」でおなじみのクラークさんの銅像が見たかった。

    ガイドによると「野幌」という駅が最寄り駅のようだ。

    友達が「なんでも『幌』をつけりゃいいってもんじゃ…」と言うので笑った。 確かに『幌』のつく場所が多かった。私達は野幌に着いた。看板とか出ていそうなのに見当たらなかった。駅で聞いてみると「羊ヶ丘展望台はここじゃないよ」と言われた。そんなはずはない。ガイドが嘘をついているのか?よくよくガイドを見直すと…

    私達は羊ヶ丘展望台の隣に載っていた「野幌森林公園」の行き方を見ていた。これわかりづらいからガイドも十分悪いよ、とりあえず私達は死ぬほど笑った。



  • Filed under: 未分類
  • 最近の記事

    カテゴリー