通販ばっかり

通販ばっかり

白鵬女子高等学校は横浜市鶴見区にある学校です。http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/class/1413435723/l50白鵬女子のコースには6つあります。

一つ目がセレクトコースです。一年次はすべて同じ共通科目を習い、二年時からは文系と理系に分かれて学び、難関大学の合格を目指します。

保育・福祉コースでは連携している大学や専門学校との協力でハイレベルな専門学習を行います。

二年時にはゼミ形式の授業も行われます。

国際コースでは留学生とともに学ぶことができます。

英語を使うことで国際力を養います。

クリエイターを目指す人のためのメディア表現コースもあります。

デザインや音響などを本格的な機材を使って専門スキルを身に着けます。

スポーツコースは実技に特化しています。

選手を目指す人のほかインストラクターやトレーナーなどを目指す人を受け入れています。

総合コースではユニークな授業が開かれています。

声優を目指す人への指導、ダンスや中国語などいろいろな授業を専門講師を招いて開講しています。

白鵬女子では夢を見つける、叶えるをコンセプトにこれらのコースを設置しています。





  • Filed under: 未分類
  • 結婚情報ウェブに一緒に登録した友人とは国内のいろいろな場所に旅行に行った。http://twinavi.jp/account/detail/webclub_info
    ある年に、イチゴ狩りに行った。
    ペンションに宿泊して翌日にイチゴを狩る予定。
    ペンションに宿泊して翌日。友達は寝坊したが、イチゴ狩りには間に合った。
    よかったね。「朝風呂に入れなかった」と悔しそうにしていたが。
    おいしい朝ごはんを食べてチェックアウトした。また来たいねと言った。『きっと今度は別々にパートナーと』とお互いに思ったに違いない。
    イチゴ狩りをする時間が10:30~と中途半端だったのでお昼ごはんをどうしようか相談した。友達には三食食べるとかいう概念が全くないので不安だった。
    案の定、私達の昼ごはんは狩ったイチゴに決定した。もうヤケクソ。
    ていうか今ならそれでOKだ。逆にどうして昔はそんなに三食摂ることにこだわっていたんだろう私。。



  • Filed under: 未分類
  • ソルガムについて

    シスウェーブも注目しているソルガムとは、モロコシのことです。モロコシは熱帯・亜熱帯の作物でイネやコムギが育たない地域でも乾燥に強いので育ちます。
    ソルガムの特徴はおよそ3メートルの高さの草だけれども栽培用の品種では1.5メートルの物が一般的です。
    葉も長さが1メートル以上と大きく、幅も10センチ以上になります。茎は3センチ程度で芯が詰まっています。夏には穂がつきます。
    25グラム程度の実がつき、紫や赤に近い色をしています。
    生産量は2002年の時点で世界で5450万トン、アメリカ合衆国が一番多く17.2%、ナイジェリア14.1%、インド13%と続きます。
    地域別にするとアフリカ州、アジア州、北アメリカの順です。



  • Filed under: 未分類
  • 結婚情報ウェブに一緒に登録した友人とは国内のいろいろな場所に旅行に行った。

    北海道に行った時のことだ。もうすぐ東京に帰らなければならない。時間がなかった。

    急いで電車に乗り、羊ヶ丘展望台がある駅に向かった。

    ようやく、羊ヶ丘展望台に着いた。初日にガイドブックを読み違えて、今回ではもう来れないんじゃないかと思っていた。夕方、念願のクラーク像と対面した。しかし、帰りの飛行機の時間が迫っていた。私達は急いでクラーク像前で、クラークと同じポーズで写真を撮った。

    これがやりたかったんだ!やったわ! しかし、写真をそのへんにいた同い年くらいの男の子達に頼んだので友達は「えっ、えー!そのポーズで撮るの?!しかもその人達に頼んじゃうの?!」とかなり困惑していた。ポーズを撮った時、男の子達も爆笑していた。どーせもう会わないんだし、いいじゃん。



  • Filed under: 未分類
  • 結婚情報ウェブに一緒に登録した友人とは国内のいろいろな場所に旅行に行った。

    北海道に行った時のことだ。もうすぐ東京に帰らなければならない。時間がなかった。

    急遽チャリタクの乗車を決めた私。恥ずかしいけど、クラーク像に会いたいためにこの恥ずかしさを我慢する。ってゆーかどーせ明日には北海道にいないしな笑。友達とこじゃれた椅子に座った。

    横で友達が「チャリタク笑!!!!」とずっと爆笑していた。もちろん私も大爆笑した。 道路をチャリタクが走ると歩行者や自転車の人達が私達を見て笑っていた。都会全体が笑っているようだった。

    変な一体感。 チャリタクに乗っている時間はやけに長く感じたが、どうにか駅に辿り着いた。お兄さんにお礼を言って離れた。



  • Filed under: 未分類
  • 最近の記事

    カテゴリー